「来年消える女優ランキング」2位は武井咲、1位は…?

(C)まいじつ

年末が近づいてくると毎年のようにインターネットで散見されるのが『来年消える○○ランキング』だ。この10月にも一部の芸能サイトで『来年消える女優ランキング』が発表された。

このランキングで3位にランクインしたのがローラだ。

「所属している芸能事務所に対して『裏切られた』と名指しで批判し、事務所の労働体制を暴露しました。その後、仕事が激減し、いまは決まっていたCMに出ているだけで、テレビ番組ではほとんど見かけなくなりました。事務所の移籍を巡って来年以降、2年ほどの期間は裁判になるでしょう。和解しなければ間違いなく消えます」(芸能プロダクション関係者)

続いて2位は武井咲。9月1日に『EXILE』のTAKAHIROと結婚を発表している。

「もともと仕事現場での評判が悪く、人にものを頼むときでも『~してください』とは言えず、『~やって』『~くれない?』としか言えず、敬語が使えないのがスタッフから特に不評です。突然の結婚で産休にはいるための違約金もすごいらしく、事務所も必要としなくなりました。産休のあいだで消えるでしょう」(テレビ雑誌編集者)

 

「棒演技」のレッテルを貼られた女優

そして、1位は佐々木希だった。

「佐々木に関しては“線香花火”だなんて声もあるほどで、最後のゆらめきのように頑張ってあとは落ちるだけと言われていました。結婚してなかったら、去年で消えるといわれていたぐらいです」(芸能ライター)

佐々木は今年4月にお笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建と結婚している。現在は、インターネットテレビHuluのドラマ『雨が降ると君は優しい』に出演しており、セクシーな演技が話題になっている。

「どのドラマに出ても“棒演技”で、すでに女優失格のレッテルを貼られています」(同・ライター)

いずれも芸能界で必要とされなくなる可能性が高い面々ということのようだ。

 

【あわせて読みたい】

やる気ゼロ「おかげでした」出演の筧美和子に批判集中

島崎遥香がCM出演も「誰だか分からない」 

宮根誠司「ミヤネ屋降板報道」完全否定の真相 

磯山さやか「お色気熟女枠」目指し下ネタトーク全開! 

いしだ壱成の2度目の離婚背景と「暴君」結婚生活