国分太一がTBSで新レギュラー番組を獲得できた理由

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『TOKIO』の国分太一の露出ぶりが、いよいよ過剰になってきている。国分は10月19日から始まるバラエティー番組『世界くらべてみたら』(TBS系)に、渡辺直美と出演する。TOKIOのなかでもその仕事量は圧倒的だ。

国分は現在、朝の情報番組『ビビット』(TBS系)に出演しているが、同番組の平均視聴率は3~5%と、同時間帯のテレビ番組ではほとんど4位が指定席になっている。

「ビビットは『国分がいなければ視聴率が上がるのでは』といわれるほどで、国分の司会としての手腕もいまいちです。ニュースの勉強をしていないのか、コメンテーターに頼りきりなのです」(テレビ雑誌編集者)

国分は2015年からビビットのMCを担当している。その前も同時間の情報番組『いっぷく』をMCで担当していたが、平均視聴率は2%台が普通で、1%台になることももあり、不評のまま番組は終了した。しかし、その後番組のビビットでもMCに起用されたのだ。

「スタッフのあいだでは、『いっぷくを打ち切りにした張本人なのに新番組を任せるのはおかしい』という声が蔓延していました。しかし、上層部の鶴のひと声で国分の継続起用が決まったそうです。TBS内で国分は異例の厚遇を受けています」(同・編集者)

 

国分がTBSで厚遇されるのは妻のおかげ

国分は2015年にTBSの元社員の女性と結婚している。その女性はTBSに相当な人脈を持っているのだという。

「TBSの幹部に親族がいて、国分の妻もその親族の関係で入社しています。だから国分も身内ということになり、厚遇されているのです。TBSで国分の仕事は増える一方になっていて、19日に始まる新番組も幹部の息がかかっている番組です」(TBS関係者)

国分はTBS以外に、フジテレビとテレビ東京でも番組司会をしているが、それも妻の親族の人脈によるものだという。ほかにも人気バラエティー番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)に出演しているが、鉄腕DASHでの国分は視聴者から不評だ。

「10月15日の放送回では『DASHご当地PR課』と『DASH島』の企画が放送されたのですが、国分は出演しませんでした。国分は島や山へ行って汚れ仕事をすることを嫌っているのです。いまは司会業に重点を置いているので、ほかのメンバー4人からも嫌われています。国分のグループ追放の話もあり、それがだめならば長瀬は独立することも考えているそうです」(日本テレビ関係者)

はたして、テレビ局の国分重用はいつまで続くだろうか。

 

【あわせて読みたい】

亀梨和也「KAT-TUN復活」を口にするも具体化しない理由 

滝沢カレンに二股疑惑!「怪しいスマホケース」の真祖 

新垣結衣と瑛太に「極秘不倫」説急浮上

星野源「コウノドリ」第2弾も前作との違いに心配の声 

押切もえが夫・涌井秀章のMLB移籍に付けた「条件」