女性の「デリケートゾーン」お手入れ3つのポイント

(C)Olesya Kuprina / Shutterstock

(C)Shutterstock

女性なら誰もが感じる“おりもの”による不快感。清潔に保とうと、つい念入りに洗ってしまいがちだが、過度な摩擦や肌への刺激は逆効果だということをご存じだろうか。

「最近では携帯ビデで膣内洗浄する人も多いようですが、これもやり過ぎると、膣内を正常に保つ働きをする乳酸菌を洗い流してしまい、かえってかぶれやすくなるので注意が必要です」(東京都内婦人科医師)

そもそも“おりもの”とは女性の子宮、膣、汗腺からの分泌物が混じり合った集合体のこと。細菌が膣を通して入ってくることを防ぎ、膣内をきれいに保つ作用や、排卵期に精子をスムーズに受精するための役割がある。ついつい面倒な部分ばかりに目がいってしまうが、実は女性の身体にとって有益な部分も多いのだ。

実際ににおいやかぶれが出る理由は3つある。

  1. 【ムレ】 湿気などで肌がふやけた状態になると、雑菌が繁殖しやすくなり、においが気になるようになる
  2. 【刺激】 蒸れた肌はかゆみも出やすくかぶれやすい状態になるので、下着との擦れで生じる刺激もダメージに
  3. 【化学繊維】 アトピーや敏感肌の人は化学繊維が肌に刺激を与える場合があるため、おりものシートをオーガニックコットンやガーゼに変えるといいだろう

 

自分に合ったシートを使おう

「おりものの量が増えたり、においが気になる場合は、体に疲れが蓄積され免疫力が低下しているサインです。日ごろから小まめにチェックすることが重要で、黄色や茶褐色に変化したり、においがさらに強くなった場合は、性感染症や子宮頸がんなどの可能性も疑われるので、その場合は恥ずかしがらず、すぐに医師に相談しましょう」(同・医師)

多くの女性が使用している“おりものシート”だが、最近ではさまざまなタイプが発売されているので、自分に合ったシートを購入しよう。

肌が敏感な人はガーゼやオーガニックコットンを使用した製品、においが気になる人向けには香り付きの製品もある。基本的にはトイレに行く毎に取り替えるのが理想的だが、長時間席を外せない場合などには、2枚重ねタイプを使用するといいだろう。ただし、その場合でも衛生面などを考えて、最低でも1日2~3回は取り替えることを心掛けよう。

デリケートゾーンのケアは敏感な部分だけに気を使うが、あまり神経質にならないように清潔さを保ちたいものだ。

 

【あわせて読みたい】

※ 藤吉久美子を不倫に走らせた「家庭内の不満」

※ 「最近、集中力が…」鉄分補給はスーパーフード飲料で悩みスッキリ! – Sponsored

新垣結衣の「ブラックサンタ姿」にファン悶絶

※ 岡田准一&宮﨑あおい「略奪婚」をジャニーズが認めた理由

※ 嵐・松本潤が葵つかさに「関係修復懇願」か