ゼレンスキー大統領の演説中にあくび…林外相に「日本の恥」「実に恥ずかしい」

ウォロディミル・ゼレンスキー 

ウォロディミル・ゼレンスキー (C)まいじつ 

3月23日、衆議院議員会館の国際会議室にて、ウクライナのゼレンスキー大統領がオンライン演説を行い、大きな注目を集めた。しかしその際、林芳正外務大臣が〝あくび〟をしてしまい、国民から怒りの声が噴出している。

演説が開始されると、ゼレンスキー大統領は「日本がすぐに援助の手を差し伸べてくれました。心から感謝しています」「日本はロシアが始めたこの残酷な戦争を止めるため、ウクライナの平和のため、すぐに動き出してくれました」などとコメント。日本のウクライナ支援に対する感謝の意を表した。

次に、ゼレンスキー大統領は国連安全保障理事会が機能していないと切り出す。そして、ロシアの侵略を〝津波〟と表現し、「ロシアとの貿易を止め、軍に資金が回らないように市場から撤退して欲しい」と経済制裁を続けるように要求するのだった。

関心が非常に高いこともあり、各ニュースメディアはゼレンスキー大統領のオンライン演説について報道。リアルタイムで国際会議室の模様も報じられたのだが、そこにはマスク越しでも分かるほど大きいあくびをしている林外相の姿が…。隣に座っている岸田文雄首相も林外相につられて眠くなってしまったようで、夢見心地といった様子だった。

眠気に負けたようにも見える日本の外交2トップに対して、ネット上では、

《マスクしていて分からないと思ったのか? 日本人として実に恥ずかしい》
《これが外務大臣か…本当に恥ずかしい。ゼレンスキー大統領に対して、ウクライナに対して失礼極まりない》
《何で人が演説している時にこんな無礼な態度を取れるのか。これが日本の外務大臣なのか。日本の恥だ》
《林は当然論外だが岸田も寝落ち寸前ウトウトしてただろ。サイテーだな。本当に恥》
《岸田寝てたよね? 寝てなかったとしてもウトウトしてたよね。その後のインタビューで「感銘を受けました」とか言ってて呆れ》
《お疲れなんですよね~きっと。自分の身の丈に合ってないお仕事なさってるから。能力ないとホント大変ですわね》
《日本有事に対して「日本が戦わなくても米軍が全力で戦い守ってくれる」発言といい、今回のこれといい、日本の恥としか言い様がないな…》

といった声が。小説家の百田尚樹氏もツイッターで《この映像が世界で流されていないことを祈るわ》と苦言を呈し、お笑い芸人のほんこんも《最低です》と批判していた。

あくびをすることは日本の恥なのか?

その後、ツイッターには〝日本の恥〟というワードがトレンド入りを果たすなど、多くの国民から反感を買ってしまったようだ。ただ、これらの批判に対して、一部からは、

《眠れないくらい仕事をしてるんじゃ? そりゃあくびをしちゃいけない場があるわけだけど、日本の恥だと言うのなら、なんでもかんでも批判するのも恥だわな》
《良い態度とは言えないかもだけれど、その前後はきちんと聞いてたかもしれないし、悪意ある切り抜きみたいなのを、それだけ見てまるで鬼の首取ったかのように正義振りかざして、揚げ足をとって拡散して騒ぎ立てる方が恥だと思う》
《たぶん「あくびをするなんてたるんどる!」って教育受けてきたんだろうな。集中していればあくびは出ない、真剣じゃないからあくびをする、何てことあるわけないじゃん。これ日本の恥じゃなくて義務教育の失敗案件だと思う》
《真珠湾攻撃に言及したゼレンスキーに対しては「日本を舐めるな」、ゼレンスキーの演説中にあくびした林芳正にら「日本の恥」。自分のイデオロギーに都合良いようにその都度軽々しく〝日本〟という言葉を用いる連中って本当にクソですね》

といった批判への批判も多く見受けられた。

林外相は演説後、「国を守る気概、そして国を思う気持ち。これを改めて感じることができた」「常々ウクライナと共に我々もあるということを申し上げてきた。その思いを新たにした」とコメントしている。

国会での居眠りは、いつの時代にも批判を集める。国会初のオンライン生演説だったが、お偉い大臣様には関係ないのかもしれない。

【あわせて読みたい】