『妻、小学生になる。』異例の大絶賛! 某ネット掲示板でも喝采「生涯のベスト」

堤真一 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

堤真一主演のドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系)が最終回を迎えた。しかし視聴率が低いままフィニッシュし、視聴者から落胆の声が上がっている。

同作は、10年前に愛する妻・新島貴恵(石田ゆり子)を亡くし、生きる意味を失った新島圭介(堤)とその娘・麻衣(蒔田彩珠)が、妻が生まれ変わった10歳の少女・万理華(毎田暖乃)に遭遇するというホームドラマだ。

同作の世帯平均視聴率は、初回が7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と低調なスタートを切り、第5、7、9話では6%台にまで低迷。3月25日に放送された最終回・第10話も7.6%で、初回の視聴率を超えることはできなかった。