磯山さやか「お色気熟女枠」目指し下ネタトーク全開!

(C)まいじつ

17年間にわたりグラビアアイドルとして活躍してきた磯山さやかが、10月16日にインターネットで放送された『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)で“下ネタトーク”を連発し、話題になっている。

番組で磯山は、勝負下着について聞かれると「普通のデザインです。色は薄ピンクとか」と言いながらも「シルクみたいにツルツルした物。触ったときに気持ちいいんじゃないかな」と告白。司会を務める『おぎやはぎ』の小木博明から「イメージ通り」と言われ、恥じらう姿を見せた。

「磯山は9日放送の同番組でも『経験人数どれくらいなの? 34歳でしょ』と聞かれ、『全然、5人もいないです。片手なんて超えないです。付き合ってない人とはしないです』と答えていました。最近このように、赤裸々に私生活を明かしているのは、壇蜜や橋本マナミのような熟女お色気路線を目指しているんじゃないかともっぱらの噂です」(芸能記者)

磯山は長らくグラビアで人気を博してきたが、年齢も30代半ばを迎えている。いつまでも水着で勝負するには限界があると判断したのか、自ら経験を告白するなど、今後は大人の色気を武器に勝負していきたいという思惑が垣間見える。

 

中年男性から人気の磯山

「磯山はグラビアのほかに、ラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)のアシスタントや、『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)などでも活躍中で、その親しみやすさと真面目そうなキャラクターが中年男性層に受けています。トークもうまいので、下ネタ解禁をきっかけに“庶民派エロ路線”でブレイクするかもしれません」(同・記者)

かつて『抱きたい女性芸能人』で2位に輝いたこともある磯山。大きなスキャンダルや男性との交際報道などがないところも、昨今の“不倫ブーム”に嫌気が差している男性からは高評価だという。

ネット上では《下ネタを話すときも恥じらいがあってかわいい》、《エロ路線というより、どちらかというと結婚したい芸能人タイプ》といった投稿も散見される。

長く続けたからこそ愛されるキャラクターになった磯山は、グラビア界の殿堂入り間違いなしだ。

 

【あわせて読みたい】

仲間由紀恵の「劣化」が出演ドラマで露わに

いじめと批判も「バカ殿様」特番に賛否両論 

「干され女優」小西真奈美のデビュー曲が予想以上に… 

木村拓哉が稲垣吾郎に謝罪!和解へ 

水原希子がインスタで「セクシーショット」を公開した理由