斎藤工「刑事ゆがみ」下着泥棒を演じ大絶賛!

10月19日に連続ドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)の第2話が放送された。この放送にゲストで出演した斎藤工の怪しげな姿が、視聴者のあいだで話題になっている。

第2話には斎藤のほかにゲストとして、水野美紀も出演した。

ドラマの内容は、ある日、中学校教師の早杉千里(水野)が、自宅でうたた寝をしているあいだに、窓から侵入してきた男に襲われそうになった。そのときに、助けに入ったのが、同じ中学校で教育実習をしている大学生の打越将也(中川大志)だった。

男に応戦していたふたりだったが、犯人が振り回した花瓶で早杉は右腕を負傷。また打越は、逃げる犯人を追おうとしたものの、花瓶の水で足を滑らせて転倒して机に頭を強打してしまい、病院へ搬送された。

この事件の捜査を主人公の弓神適当(浅野忠信)と相棒の羽生虎夫(神木隆之介)がすることに。ある日、現場に残されていた下足痕から、前科3犯の下着泥棒である郷亀哲也(斎藤工)が犯人に浮かび上がってきた。

取り調べ室シーンでは、羽生が郷亀に自白を迫るが、「お前、ばかか。これと同じやつ履いている奴どれだけいるか」、「コンビニ行っちゃいけないのかばーか」、「下着ドロボーと強姦魔を一緒にするなよ。ばか」、「ばか。そんなミスするわけないだろう」と羽生に向かって、「ばか」と繰り返した。

このやりとりを見ていた視聴者は、インターネット上に《バカのバリエーションが最高》、《最後までただの変態紳士》、《斎藤工君はとんだ噛ませ犬だった》、《ただのパンツハンターだった》などと投稿し、斎藤工の演技に大きな反響が寄せられた。

 

神木隆之介と斎藤工の怪しげな2ショットも話題に

このドラマの公式インスタグラムでは下着泥棒である郷亀の姿を披露しており、こちらも話題を呼んでいる。

また、神木隆之介と斎藤工が一緒に1枚のストールにくるまれた写真も公開されており、《兄弟のよう》、《怪しげに見える》といったコメントが寄せられている。

斎藤工は、下着泥棒ではなく、本当は“ハート泥棒”だったのかもしれない。

 

【画像】

(C)poosan / Shutterstock

【あわせて読みたい】

島崎遥香がCM出演も「誰だか分からない」 

磯山さやか「お色気熟女枠」目指し下ネタトーク全開! 

いしだ壱成の2度目の離婚背景と「暴君」結婚生活 

宮根誠司「ミヤネ屋降板報道」完全否定の真相 

仲間由紀恵の「劣化」が出演ドラマで露わに