青木さやか“美人女優”に久々ブチギレ!「最高」「刀抜いた」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

タレントの青木さやかが、4月5日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。女優にブチギレるそぶりを見せ、視聴者を沸かせた。

この日は3時間スペシャル。最後のパートで、青木は「噛みつき雑草美女」の一員として出演。「才色兼備インテリ美女」たちと語り合った。

「インテリ美女」の一員として出演した女優の奥山かずさは、話が盛り上がっているときに笑いを求められ、思わず言葉に詰まり「美人はお高くとまってるな」と言われてショックを受けたと明かした。

悔しさから必死にお笑いや変顔の練習をしたという奥山は、「やっと自分でも納得できるところまできたかなと思って」と奮起。一生懸命に笑いを取ろうとしたが、逆に「美人が全力でウケ狙うのって、めっちゃイタいよ」と言われたと嘆いた。

さんまに「(お笑いの)勉強不足」とバッサリ斬られ、「プロの方(芸人出演者)がたくさんいる中で、すいませんでした」と頭を下げた奥山。だが青木は奥山がたびたび口にしていた「美人」というワードを聞き逃さなかった。

美人枠女優に「どこが美人ですか?」

青木は「でもそれは、美人だっていうことを自分で認識してらっしゃるってことですよねえ?」とイヤミ。奥山は「そうですね、今日は『インテリ美女』で呼ばれてたので…」ととぼけた。

さんまが「うわ、向かっていきよった…」と奥山に驚く中、青木もこれに対抗。「私だったら美人が笑い取れないって言われたら『美人って言ってくれるんだ』って」と逆に喜ぶとし、「美人」と呼ばれることを受け入れる奥山の言動が気に入らないとした。

だが、奥山は「すみませんけど、今日は(美人として)呼ばれてるんで…」と譲らず。思わずたじろいだ青木だったが、周囲の女性お笑い芸人の後押しを受け、目をひんむきながら「どこが美人ですか?」と奥山をやゆした。

視聴者は青木のブチギレを久々に拝めたとして大喜びしている。

《美人じゃねえんだよ!と煽りながらもちゃんと気も使ってくれていたし、青木さんの良さも出てましたね》
《青木さやかのそんなに美人じゃないのよ~が気持ちいいwww》
《バラエティのノリだから気にはしてないけど奥山かずさは美人です》
《青木さやか×奥山かずさのシナジー凄すぎるわwwwwww》
《アナウンサーへのツッコミ 青木、最高》
《青木「どこが美人ですか?」刀抜いた》
《青木! 芸人としてチャカ出してええんやで!》

懸命に鍛えたお笑いの技術で、奥山が青木の伝家の宝刀・キレ芸を引き出した形だ。

【あわせて読みたい】