『カムカム』最終回のオチにツッコミ「ただの後付け」「最後は吉本新喜劇」

川栄李奈 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の最終回が4月8日に放送。怒涛の伏線回収がネット上で話題になっている。

最終話ではひなた(川栄李奈)とるい(深津絵里)が再来日した安子(森山良子)と再会。ひなたは安子から米国留学を勧められる。

また、祖母、母、娘の3世代が揃い、今まで謎とされていた話が明らかになった。