田中みな実『吉祥寺ルーザーズ』にツッコミ殺到!「ブルゾンちえみ感」

田中みな実 

田中みな実 (C)まいじつ 

『NEWS』増田貴久が主演を務める、ドラマ『吉祥寺ルーザーズ』(テレビ東京系)の第1話が、4月11日に放送。ハチャメチャすぎる展開に、ネット上で大ブーイングが起きている。

同ドラマの企画・原作は秋元康氏が担当。人生の負け組6人が同じシェアハウスで暮らす日々を描いた、シチュエーションコメディーだ。

第1話では、童顔な高校の非常勤講師・安彦聡(増田)が、家賃2万5千円のシェアハウスに引っ越してくるところから話が始まる。リビングにいたのは、結婚退職するも夫に愛想をつかし家出してきた元女性ファッション誌編集長・大庭桜(田中みな実)や警戒心の強いキャバ嬢・望月舞(田島芽瑠)、一見真面目そうに見える公務員・胡桃沢翠(濱田マリ)。

加えて、まったく売れていない自称芸人・秦幡多(片桐仁)、最年長65歳の元サラリーマン・池上隆二(國村隼)が集まっていた。

オーナー代理の犬居(皆川猿時)によると、安彦らは倍率17倍の応募者から選ばれ、「不幸な人」だと認定されたという。そして、彼らはシェアハウスにある「開かずの間」に、絶対入ってはいけないというルールを課せられるのだった。

『あな番』『真犯人フラグ』のトラウマ再び?

豪華キャストの名演に、視聴者からは絶賛の声が上がった。一方、ハチャメチャすぎる設定に対し、ネット上では

《なんでこんな性格の人らがシェアハウスするんだろ、性格合わなくなって1話で終了フラグ》
《トイレは一つ。老若男女6人に、しかもまず変なオーナー代理人がお腹壊して入ってたで、しょっぱなから設定に無理がある》
《間延びした展開、非現実的な環境設定、吉祥寺という実際の街の名前を使ってもピンとこない。つまんないな》
《全員クセすごすぎて話が入ってこない》

と、ブーイングが起きている。一方、マイルールがあり、プライドの高い役でひときわ注目を集めた田中の役柄については

《今作の田中みな実なんかブルゾンちえみ感ある》
《大庭桜、人の顔に指さすの、失礼な女だな》
《田中みな実の役、クソやなww》
《田中みな実のキャラがw モテってそんなに大事?》

といったツッコミも散見される。

「番組内では開かずの間が登場するなど、同じく秋元氏が手掛けた『あなたの番です』(日本テレビ系)を彷彿とさせるシーンもありました。しかし、登場人物1人ひとりのキャラ立ちがしっかりしすぎており、初回から喧嘩が勃発するなどのドタバタ展開に、混乱する視聴者も多かったようです。番組終盤では安彦が『ハロー、ママ』と謎の女性にメールをするシーンがありました。これから徐々に謎が明かされていきそうですね」(テレビ誌ライター)

『あな番』や『真犯人フラグ』(日本テレビ系)の放送時は、回収しきれないほどの伏線の多さに、ブーイングが起きていた。今回はモヤッとしない展開になるといいのだが…。

【あわせて読みたい】