芥川賞作家が小学生への交通教育に異論!「いいこと言う」「心が狭い」と賛否

(C)Luis Molinero / Shutterstock

作家の平野啓一郎氏が4月12日、自身のツイッターを更新。一時停止の車にお辞儀をする取り組みに苦言を呈し、ネット上で賛否の声が上がっている。

この取り組みは横断歩道で一時停止した車に、小学生が深々と頭を下げ、「ありがとうございます」と感謝の姿勢を見せるというもので、千葉県四街道市で行われている。

ドライバーと歩行者が双方に思いやることで、一時停止への意識の変化が期待されている。