不倫経た宮迫博之「一緒に寝てる」夫婦生活を暴露される

(C)まいじつ

お笑いコンビ『FUJIWARA』の藤本敏史が、10月22日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)に出演し、“オフホワイト不倫”で話題となったお笑いコンビ『雨上がり決死隊』宮迫博之の、騒動後のプライベートを明かした。

番組は『芸能人プライベート大放出SP』と題し、宮迫が不倫発覚後、仕事に出掛けるときに玄関で奥さんに対し「謙虚、感謝を忘れずに、きょうも頑張って参ります。行って参ります」と毎日、言わされていることを紹介した。

MCの上沼恵美子は「ご病気されたでしょ。それで治って。それでまた、頑張っているわけですよね。そういうときの苦労を考えると、なんで不倫というか、こういうことをするのかと思うんですよ…」と不快感をあらわにした。

続けて上沼は「その、献身的にがんと戦ったとき、奥様は大変な心配をされたと思うんですよ。ついこないだやないですか。10年も前とかやないわけじゃないですか。わたしは、関係ないんですけど、思いますね。それは慎まなきゃいけないんじゃないのかな。宮迫さんって、割と好きなんですけど、いっぺんに嫌いになりました」と切り捨てた。

 

十数年ぶりに妻と一緒に寝ているという宮迫

すると藤本が「いま宮迫さんは奥さんと仲がいい。晩酌とか一緒にしているらしいですよ」と近況を明かした。パネリストとして出演していた芸能記者も、この藤本の話を裏付けるように、宮迫からメイク室で聞いた話として、「いろんなことで奥さんからものすごい怒られた。ものすごい怒られたけど、そんだけ怒られたら、こんだけのこと言うてくれるのは、やっぱり、自分には嫁しかおらへんしということで、もう1回、嫁への思いが強くなり、いま十数年ぶりに一緒に寝ているそうです。ほんまにめちゃくちゃ雨降ったけど、結局、地固まった」と、奥さんと仲直りしていることに触れた。

これに対して、上沼は「それなら許しましょう」、「想像以上に(奥さんに)心配を掛けて復帰したんですから頑張ってくださいよ」とエールを送った。

『雨上がり決死隊』というコンビ名が、あまりにも未来予知なネーミングだったと言わざるを得ない。

 

【あわせて読みたい】

リアルさ欠如に酷評相次ぐ「先に生まれただけの僕」

清水良太郎覚せい剤逮捕の「余波」

やる気ゼロ「おかげでした」出演の筧美和子に批判集中

島崎遥香がCM出演も「誰だか分からない」 

宮根誠司「ミヤネ屋降板報道」完全否定の真相