『鬼滅の刃』と厚労省のコラボに期待!? “梅毒”の感染者が増加中

(C)image_vulture / Shutterstock

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、かつて〝幽霊病〟といわれた梅毒が、今年も急増している。

国立感染症研究所によると、2021年の1月から12月5日までの感染者数は7,134人となり、現在の集計方式になってから過去最多だった。

全国的に増加傾向にあり、東京が2,226人と最多、大阪は761人、愛知は379人。また、2022年の患者数はさらに21年の1.6倍のペースで増加しており、4月10日現在、全国で2592人(速報値)が報告されている。