ダウンタウンへの忖度?『くら寿司』パワハラ騒動をメディアが報道しないワケ

(C)Nambaman / Shutterstock

今年3月にコラボキャンペーンで問題を起こし、続けて「生娘をシャブ漬け戦略」発言で世間を騒がせた牛丼チェーン『吉野家』。連日メディアで騒動を取り扱っていたが、同じように不祥事を起こした寿司チェーン『くら寿司』との〝報道姿勢の差〟に疑問の声が上がっている。

4月20日に『文春オンライン』が、「くら寿司」に勤務する30代男性店長が店の駐車場で焼身自殺をしていたというニュースを報道した。男性店長は、日常的にパワハラを受けていたと言い、過去には厨房からの怒声がフロアまで響き、客からクレームが入ったこともあったそうだ。