河瀬直美監督が“暴行騒動”当時のSNSにつづっていたのは…

河瀬直美 (C)Denis Makarenko / Shutterstock

映画界の〝性加害〟が問題視されているが、監督という立場を利用しているのは何も男性ばかりではなかったようだ。

4月27日配信の『文春オンライン』では、映画監督の河瀬直美氏が撮影中にスタッフの腹を蹴り、撮影監督とスタッフらが作品を降板する事態が起きていたことを報じた。

事件が起きたのは2019年5月、映画『朝が来る』の撮影現場でのことだった。記事によると河瀬監督は、カチンコにカメラを向ける段取りだったにもかかわらず、方向が分からずに固まってしまい、撮影助手の男性Aさんが方向修正を伝えようと手を触れると、「何するの!」と激高し、Aさんの腹を蹴り上げたという。