渡部建&佐々木希「極秘」を装った新婚旅行の舞台裏

(C)まいじつ

女優の佐々木希と結婚したお笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建が、10月26日に自身が監修した献立キットの発売記念記者会見に登場し、先だってのタヒチへのハネムーンの様子を明かした。渡部は21日の生放送『王様のブランチ』(TBS系)などを欠席していた。

「ハネムーンの件は極秘事項でした。関係者でも知る人は少なかったです。一部マスコミは渡部と佐々木がハネムーンでタヒチへ行くことは知っていましたが、ふたりとも追い掛けられるのが嫌だと分かっているので、無理して追跡しないというスタンスを取ったようです。その裏には『別に渡部は直撃から逃げるような取材相手じゃない』という安心感がありましたし、海外まで追跡していっても、インスタグラムやツイッターで《いま、○○にいます》と報告されては、面白くもなんともない。実際に渡部は逃げずに、こうしてマスコミに報告しているわけです」(芸能関係者)

渡部は「日焼けするようなところに行ってきました。タヒチに行ってきました」と会見で報告し、ゲストの高橋真麻は思わず「やっぱり報道って正しいんですね!」とコメント。渡部は「ちょっと知り合いも向こうにいたりしたので、楽しんできました。新婚旅行というか、お互いに夏休みを取っていなかったので、ボケーッとしてきました」と笑顔を見せていた。

 

仲のよさをアピールすることはふたりのプラスに

渡部は「ハネムーンを終えてもけんかはない」とまだ新婚気分である様子を明かした。高橋から「一番好きなところは?」と聞かれると「明るく楽しいところですかね」と照れながらも、さらにのろけてみせた。

「渡部と佐々木はおしどり夫婦で、意外にもリードしているのは渡部の方で亭主関白のようです。料理についても佐々木は細かく渡部の好みに合わせていると聞いていますし、住居も渡部が主導で決めたようです。佐々木は同性からもそれなりに人気があるので、子供を持つようになればママ系の雑誌からも引き合いが来るでしょう。仲がいい夫婦ということをアピールした方がイメージ的に断然プラスになるということを、このふたりは分かっています」(同・関係者)

挙式と披露宴では取材陣をシャットアウトした渡部と佐々木だが、夫婦としての好感度は高い。次なる戦略として、夫婦そろって番組出演を解禁する日も近いかもしれない。

 

【あわせて読みたい】

Amazon配信のバラエティ番組「戦闘車」が大酷評 

陰鬱な『明日の約束』陽気すぎる「SNS投稿」話題に

リアルさ欠如に酷評相次ぐ「先に生まれただけの僕」

清水良太郎覚せい剤逮捕の「余波」

やる気ゼロ「おかげでした」出演の筧美和子に批判集中