“今の”ガッキーは「目が死んでる」…激変で世間を騒がせた女性芸能人たち

新垣結衣 (C)まいじつ 

芸能界にはブレークした時期を乗り越え、長きにわたって活躍する人も多い。しかし、一時期のイメージが定着してしまい、激変を指摘される人もいる。

今年3月、俳優の北乃きいがトークバラエティー『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。

この日のテーマは「家事ウマ VS 家事ヘタ」で、北乃は家事ウマ側のタレントとしてエピソードトークを繰り広げていった。

「家事ウマ・ヘタのイラッとする言動」「私が譲れない家事のこだわり」などが論じられる中、北乃は洗濯板をロケ先にまで持って行くというこだわりを語る。

ロケ先で彼女は、入浴時に洗濯板を使って服を洗うと説明。この話に武田航平は、北乃と同じく洗濯板を愛用していると告白する。若い男女の共通点に、2人は合コンのごとく仲睦まじく盛り上がるのだった。

番組で見事に爪痕を残した北乃だったが、ネット上には意外な感想が相次ぐ。それは、爆笑をかっさらったトーク内容ではなく、北乃の容姿に対する指摘。ネット上には