Ado、YOASOBI、milet…注目を浴びる令和の嫌われアーティスト

YOASOBI ikura 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

爆発的ヒット曲を生み出し、一世を風靡した令和を代表するシンガー・Ado。一時期は『うっせぇわ』を聴かない日がないほど、メディアで取り上げられていたが、その人気に陰りが出て来ているようだ。

今年3月、AdoはYouTubeに新曲『永遠のあくる日』のMVを投稿。人気楽曲『ギラギラ』と同じく、作詞作曲を音楽家・てにをはが手掛けたのだが、5月1日時点で再生数は420万回だった。

決して少なくない数字だが、「うっせぇわ」『ギラギラ』『踊』の3曲は1億回オーバー。また「踊」を境に再生数は落ち込んでいったものの、どれも1000万回ほどをキープしていた。

こういった面を踏まえると、「永遠のあくる日」だけ異常に再生数が少ない印象である。ここまで数字が落ちた原因はどこにあるのだろうか…。

「Adoの人気が落ちたという人が多いですが、単純に曲調がAdoの声に合っていないだけでしょう。『踊』以降の楽曲も初期の楽曲によく似たアップテンポな『阿修羅ちゃん』だけ再生数が頭一つ抜けており、4600万回再生を記録しています。その一方で『永遠のあくる日』のようなサビ以外が落ち着いた曲調の楽曲は、伸び悩んでいる印象。なので『永遠のあくる日』だけを聞いて、彼女をオワコン扱いするのは時期尚早でしょう」(芸能ライター)