『イッテQ!』でもセクハラ横行!? 視聴者ドン引きの“性加害”エピソード

宮川大輔 (C)まいじつ 

連日メディアを騒がせている映画界の〝性加害〟報道。その内容に絶句する人は多いが、何気なく見ているテレビでも、視聴者がセクハラを糾弾する場面は少なくない。

2月20日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の『宮川探検隊』で、宮川大輔が、男性スタッフによる女性スタッフへのセクハラ被害を暴露して話題になった。

宮川らは北海道・釧路で野生動物を捜索。男性2人、女性1人のスタッフに、ガイド役として男性が1人加わった。

かつてロケで通訳とガイドを務めていた人物で、今回は動物ガイドとしてロケ参加を志願したという。しかし、番組は男性ガイドを「デリカシーがない男」とし、「特に女性隊員からの評判がよろしくない」と説明した。

宮川は「(カメラが)回ってない時の下ネタがすごい嫌い」と女性スタッフの心境を代弁した。男性ガイドは「覚えてない。覚えてないです!」と苦笑い。この後、タンチョウ2羽の求愛ダンスを眺めている時に、別のスタッフが男性ガイドについて「(ロケバスの女性ドライバーを)口説いてます」と、LINE交換を迫っていたと宮川に暴露する一幕もあった。