『ゴールデンカムイ』の展覧会が炎上! 大日本帝国の軍服礼讃は不謹慎?

(C)RollingCamera / Shutterstock

4月28日から東京ドームシティ・Gallery AaMoで、大人気漫画『ゴールデンカムイ』の展覧会が始まった。先日最終回を迎えたということもあり、大盛り上がりを見せるかと思いきや、展示内容が物議を醸しているようだ。

『ゴールデンカムイ展』で問題になっているのは、作者の野田サトル氏が所有している当時の軍服の展示コーナー。

作中に登場する鶴見中尉のモデルになったとされる軍服が展示されているのだが、読売新聞社が運営するツイッターアカウント『美術展ナビ』が、この展示をアップ。《本当にカッコいい! テンション上がりますね~》とコメントすると、批判の声が相次いだのだ。