超大作アニメ『バブル』が酷評だらけ!「まじで見る価値ない」「内容はお察し」

志尊淳 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

4月28日よりNetflix版が配信スタートした超大作アニメ映画『バブル』。しかし、めちゃくちゃつまらないクソ映画だと大酷評されている。

漫画『DEATH NOTE』や『ヒカルの碁』で知られる小畑健がキャラクターデザイン、アニメ『進撃の巨人』や『甲鉄城のカバネリ』を制作した荒木哲郎が監督、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』『PSYCHO-PASS』などの虚淵玄が脚本、映画『君の名は。』や『天気の子』、『竜とそばかすの姫』などをプロデュースした川村元気が企画・プロデュースという、まさにアニメ界のドリームチームが実現した作品が『バブル』。

世界に降り注いだ泡(バブル)により重力が壊れ、水没した東京を舞台に、パルクールのバトル=バトルクールに興じる若者たちの日々が描かれている。