『金ロー』不満続出の放送3選!ディズニー映画に“理不尽な”怒りも…

ジョニー・デップ (C)Tinseltown / Shutterstock

吹き替え声優の配役やエンディングカットなどで、視聴者から毎度ブーイングが巻き起こる『金曜ロードショー』(日本テレビ系)。今回は、特に酷評が相次いだ3作を振り返っていこう。

まずは2月18日に放送された、映画『チャーリーとチョコレート工場』。

同作は、言わずと知れたティム・バートン監督の大人気ファンタジー。ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)が経営するお菓子工場を舞台に、5人の〝幸運な子どもたち〟に待ち受ける不思議な体験を圧倒的なグラフィックと世界観で描いたストーリーだ。

そんな同作においてウォンカの声を務めたのが、人気声優の宮野真守。劇場版のウォンカを担当していた声優の故・藤原啓治さんとは違い、少し若々しい印象のウォンカを演じていた。

若手声優の中でも無類の人気を誇る宮野。ところが彼の声に違和感を覚える人も多く、《やっぱりジョニーデップの吹き替えは、宮野真守より藤原啓治派です》などの酷評が溢れ返っていた。