『BiSH』解散前に人気急落…炎上商法からオワコン化までの短命ヒストリー

(C)ivan_kislitsin / Shutterstock

「楽器を持たないパンクバンド」というキャッチコピーで、アイドル界に旋風を巻き起こした『BiSH』。少し前までは炎上騒動を繰り返し、悪目立ちしていた彼女らだが、ここ最近はオワコン化が加速しているようだ。今回はそんな「BiSH」の失敗劇を振り返っていこう。

人気絶頂の2021年、「BiSH」は唐突に解散を発表。しかし発表に至るまでに、彼女らは最悪の形で炎上している。同年の『第72回 NHK紅白歌合戦』に初出場が決まった際、メディアで「BiSH」がサプライズ解散を発表するのでは…と報じられた。事務所はすぐに事実無根と否定したが、この報道を受けて彼女らの解散が近いと予想する人が続出していた。