「緑のタヌキ」小池百合子都知事と「どんぐり」たちの今後

(C)まいじつ

衆議院解散の直前に『希望の党』設立の“緑旋風”を仕掛け、多数の現職議員を合流の渦に巻き込んで民進党を事実上解党させた小池百合子東京都知事が、いまでは“緑のタヌキ”と揶揄されている。

国政政党を立ち上げ、自ら代表となって“政権交代”を目指すことと、都知事の職は本来、両立しない。政権交代を目指す以上、首班指名候補を決めることは不可欠で、それは代表の小池氏以外にはあり得ないからだ。

一方で、東京五輪まで3年を切ったこの時期に都知事を辞任するのは、あまりに無責任で都民に対する重大な裏切りとなる。小池氏の策略は以下のふたつの“読み”に基づいていたはずだった。

  1. 都知事辞任をギリギリまで否定しつつ『希望の党』による政権交代への期待度を最高潮にまで高める
  2. その期待に応えるためと称して出馬すれば、マスコミも“安倍VS小池”で持ち上げるはずで、“都知事投げ出し”とは批判しない

ところが、出馬しなかったことで希望の党は惨敗を喫した。落選者はもとより、何とか生き残った当選者たちも選挙後に歩むのは茨の道となるのは必至だ。選挙後の解党と、希望の党への合流を満場一致で決めたはずの民進党の再結集論が日増しに現実味を帯びるなか、座礁の危機に瀕する“小池丸”から逃げ出すかどうかに苦悶する日々が待ち構えている。

 

選挙期間中にベビーフェイスからヒールへ

「安倍1強政権の独裁的政治手法を攻撃した小池氏が、“希望の星”から首相と並ぶ“独裁者”へとイメージを変えてしまったのが選挙の敗因です。プロレスで言えばベビーフェイス(善玉)役が、試合中にヒール(悪玉)になってしまった格好です。こうした合流劇のドタバタは、枝野幸男元官房長官による立憲民主党結党という、希望の党から“排除”された民進党の前議員や、公認候補予定者の駆け込みにつながり、希望の党をうっちゃって野党第一党に躍り出ることにつながりました」(政治ライター)

童謡『どんぐりころころ』の歌詞の中には《どじょうが出てきてこんにちは 坊ちゃん一緒に遊びましょう》という歌詞がある。“存続民進党”の代表候補と囁かれるのは、自らを「どじょう」と呼んだ野田佳彦元首相だ。まさに“マルちゃん”と”童謡”だけでうまくまとまる小池劇場だった。

 

【あわせて読みたい】

渡部建&佐々木希「極秘」を装った新婚旅行の舞台裏 

新垣結衣をムダ遣い「おかげでした」また炎上か 

ドラフト特番で中居正広が見せた「涙」大きな反響 

広瀬すずの「計算高さ」は本当なのか? 

『ブラックリベンジ』豊田真由子氏の「あの台詞」が登場し話題に