「緑のタヌキ」小池百合子都知事と「どんぐり」たちの今後

(C)まいじつ

衆議院解散の直前に『希望の党』設立の“緑旋風”を仕掛け、多数の現職議員を合流の渦に巻き込んで民進党を事実上解党させた小池百合子東京都知事が、いまでは“緑のタヌキ”と揶揄されている。

国政政党を立ち上げ、自ら代表となって“政権交代”を目指すことと、都知事の職は本来、両立しない。政権交代を目指す以上、首班指名候補を決めることは不可欠で、それは代表の小池氏以外にはあり得ないからだ。

一方で、東京五輪まで3年を切ったこの時期に都知事を辞任するのは、あまりに無責任で都民に対する重大な裏切りとなる。小池氏の策略は以下のふたつの“読み”に基づいていたはずだった。