指原莉乃がCD不法投棄事件に言及「AKB商法」自己批判

(C)まいじつ

10月29日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)が、『AKB48』のCDが福岡県の山中で大量に不法投棄をされたニュースを取り上げた。このとき、同じAKBグループ『HKT48』の指原莉乃が複雑な心境を口にした。

この話題は先週の放送でも紹介されたが、コメンテーターに指原が参加するタイミングに合わせて、あらためて取り上げられた。

AKB選抜総選挙の投票券欲しさにCDを大量購入したために起こった事件だが、指原は「正直すごくショックですし、投票券や握手券が付いているとはいえ、わたしたちは曲を届けたいという気持ちもあるので、わたしたちのやり方もちょっと考えて行かないといけない」と、対応の難しさを語った。

10月22日の放送で松本人志は、「不法投棄はいけないという歌を歌ったらいい」と冗談を飛ばしていたが、今回は比較的真面目な表情で「『人志松本のすべらない話』のDVDがカラス除けに使われるみたいなモンで、見たらショック」と、指原の意見に理解を示した。

さらに松本は、「AKB寺みたいなのを作って、CDを供養したらいいんじゃないですか」と提案。MCの山﨑夕貴フジテレビアナウンサーは感心していたが、MCの東野幸治は「『へ~』やないですよ。(お寺の名前に)アルファベット(を付けるのは)おかしいでしょ」とたしなめていた。

 

握手券の販売方法めぐり視聴者が議論

指原の発言を受けて、ツイッターでは、《CDじゃなくてダウンロード版に投票券・握手券IDを付けて無制限に販売すればいいんでない?》、《直接口座に振り込ませてシリアル発行すればいいじゃん》などと、握手券の販売方法の変更を提案する声が多く見られた。

ただ、握手券を別に販売してしまうと、ヒットチャートの順位が下降してしまうことは想像に難くない。

CDの売り上げを減らさずに不法投棄問題を解決するには、ダウンロード販売への対応しかなさそうだ。しかし、一般的なヒットチャートのランキングにダウンロード分は加算されないことが多い。

AKBグループにとっては悩ましい問題だ。

 

【あわせて読みたい】

ピース・綾部祐二「米セレブと記念写真」残念すぎる裏側 

暗殺された金正男の父・金正日のゲスすぎる「性豪列伝」 

落選した元フジテレビアナ長谷川豊がブログで「恨みつらみ」全開 

新垣結衣「背が小さくなりたかった」現在は何センチ? 

熱愛報道の浅田真央に囁かれる「ある噂」