『なにわ男子』起用に原作ファン激怒! 実写版『彼女、お借りします』に暗雲…

(C)Asier Romero / Shutterstock 

昨年11月にデビュー曲『初心LOVE(うぶらぶ)』をリリースして以降、大きな注目を集めているジャニーズアイドル『なにわ男子』の大西流星が、7月からスタートするドラマの主演に決定し、話題になっている。

大西が出演するのは、宮島礼吏氏の人気同名コミックを実写化したドラマ『彼女、お借りします』(テレビ朝日系)。原作コミックは、昨年12月に世界累計発行部数1000万部を突破。今年7月にはアニメ第2期の放送も控えている。

大西が演じるのはモテ要素がなく、どこかパッとしない大学生の主人公・木ノ下和也。ヒロインのレンタル彼女・水原千鶴には、桜田ひよりが抜擢された。

大西の主演決定に、ファンからは

《大西君、だから髪明るくなったのか!》
《大西くんおめでとう! あと2カ月、今から楽しみです》
《彼はもうレンタルする側じゃなくてされる側じゃん! 現実にこんな人いたらなぁ…》
《りゅちぇもひよりちゃんも好き 悶え死ぬ》

など、歓喜の声が上がっている。

ジャニーズ出演作品の全盛期は…

しかし、お決まりのように原作ファンからは

《和也役にイケメンを選ぶ時点でアウト! 原作者の思いを無視してるの笑う》
《カノ借りの実写、主人公役の大西くんじゃ最初からただのモテる男になってるって》
《実写化は普通に抵抗ある。ジャニーズにやらせりゃ良いってもんじゃないのよ》
《ジャニーズは少女漫画に出てくるようなキラッキラな王子様役でいいじゃん。どう考えても顔面偏差値的に少年漫画の主人公じゃない》
《あくまで漫画は2次元なんだよ。私たちのいる3次元とは別の世界。って時点で実写化やめて欲しい。せめて2.5次元俳優さん使って欲しい》

など、拒否反応が続出している。

「『なにわ男子』はデビュー時の〝ベッド写真流出〟騒動に加え、最近の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)では口パク疑惑が浮上するなど、ファン以外からはあまり良い評価がないでしょう。また、漫画原作の主人公は、茶髪の平凡な男子大学生。大西とはあまりにもイメージが乖離しています。もっとも、ジャニーズが出演するドラマや映画で少女コミックの実写化が好評だったのは『嵐』松本潤の『花より団子』(TBS系)や、生田斗真の映画『僕等がいた』ぐらいではないでしょうか」(芸能記者)

大西が演技でどこまでアンチを沸かせられるか、注目が集まっている。

【あわせて読みたい】