金ロー『ローマの休日』鬼滅声優の演技に大ブーイング!「違和感がすごい」

(C)Stefano Chiacchiarini ’74 / Shutterstock 

5月13日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)は、オードリー・ヘプバーン主演の名作映画『ローマの休日』デジタルリマスター版を放送。しかし、事前に話題になっていた吹き替え声優の変更が原因で、ネット上にはブーイングが続出している。

18年ぶりの地上波放送となる不朽の名作「ローマの休日」。ローマの街を舞台に、とある国の王女・アン(オードリー)と、アメリカ人新聞記者のジョー・ブラッドレー(グレゴリー・ペック)の恋模様を描いたラブストーリーである。今回の放送では、吹き替え声優の変更が事前に発表されていた。アンに人気アニメ『鬼滅の刃』の胡蝶しのぶ役として有名な声優・早見沙織が、またジョーに同じく鬼滅声優の浪川大輔が抜擢されている。