超大作アニメ映画『バブル』が爆死したワケは? 劇場鑑賞者からは絶賛の声

(C)xalien / Shutterstock 

4月28日から『Netflix』で配信され、5月13日から劇場でも公開された長編アニメーション映画『バブル』。監督や脚本、キャラクターデザイン、制作会社に至るまで、アニメ界のトップが集結した作品だが、やはりと言うべきか、興行収入は爆死してしまったようだ。

同作は、重力がなくなった東京を舞台に、男女の物語を描いた作品。先行配信がゴールデンウィークに重なったこともあり、「Netflix」では連日人気を博すことに。しかし、配信直後から、アニメ好きから批判の声が続出していた。

「同作は『進撃の巨人』や『DEATH NOTE』を手がけた荒木哲郎監督、『PSYCHO-PASS』や『魔法少女まどか☆マギカ』の脚本を担当した虚淵玄氏、『DEATH NOTE』や『バクマン。』のキャラクターデザインを担当した小畑健氏、映画『君の名は。』や『天気の子』などのプロデューサー・川村元気氏、アニメ『SPY×FAMILY』の『WIT STUDIO』が集結した超大作。しかし『国内映画ランキング』(興行通信社調べ)で、初登場9位という結果に。300館以上公開の長編アニメ映画としては大爆死と言っていいレベルでは」(映画ライター)