『マイファミリー』設定が崩壊? 超ガバガバな展開に「そこスルーでいいの?」

二宮和也 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

5月22日、二宮和也の主演ドラマ『マイファミリー』(TBS系)の第7話が放送された。ネット上では考察が盛り上がっているが、ここにきて超ガバガバな展開があり、物議を醸している。

主人公の鳴沢温人(二宮)は、ゲーム業界の新時代を切り開く男と持て囃されている『ハルカナ・オンライン・ゲームズ』のCEO。湘南・鎌倉に家を構え、妻の未知留(多部未華子)、娘の友果(大島美優)と3人で暮らしている。

しかしある日、都心での仕事を終えて帰宅した温人のもとに、「友果を誘拐した」という電話が入る。身代金の要求額は5億円だった…というストーリーだ。