遅々として進まず「監獄のお姫さま」に不評の声

(C)d13 / Shutterstock

(C)Shutterstock

10月31日放送のドラマ『監獄のお姫さま』 (TBS系)の第3話では、夏帆が演じる江戸川しのぶが、女子刑務所へ入所してきた。3話目にしてようやくこのドラマの鍵を握る“お姫さま”が本格的に登場したのだが、この展開の遅さが我慢できない視聴者が出始めているという。

「しのぶが刑務所で知り合った、主役の馬場カヨ(小泉今日子)をはじめとした仲間たちと冤罪を晴らしていくはずなのですが、なかなか事件の真相には迫っていかないジレンマが生じています。3話目にしてようやくしのぶと仲間が打ち解け合えそうな雰囲気になったのですが、進行の遅さに多くの視聴者はいらいらしているようです」(テレビ雑誌ライター)

SNSでも《いいから、殺人事件の謎ときをやれや》、《いつ、夏帆が助けを求めるんだよ》、《小泉今日子じゃなくて夏帆が主役という感じに変わってきてわかりにくい》といった書き込みが増えてきている。

 

宮藤官九郎脚本の「味」が悪い方向へ影響か

また、このドラマは冤罪が起きた2012年と、出所してから冤罪を晴らすために動く2017年という2種類の時間軸で物語が進んでいく。頻繁に2012年の場面と2017年の場面が入れ替わるため、頭の中で整理しきれない視聴者も出始めている。

「脚本を宮藤官九郎が担当しており、小ネタやストーリーが脇道にそれる展開にも力を入れているので、余計にストーリーが見えづらいという部分もあると思います。物語を展開するには、もっと物語を簡単にすべきだったかもしれません」(同・ライター)

3話目にして早くも視聴者離れを起こしつつあるようで、SNSでは《途中からストーリーがわからなくなった》、《なかなか進まないので2話の途中でやめた》、《リアリティがないので嫌気がさした》などの投稿が目立ちはじめている。

TBSが刑務所ドラマの新機軸を作ろうという挑戦をしている今作だが、早く物語が展開していくことを多くのファンが望んでいるのは間違いなさそうだ。

 

【画像】

(C)d13 / Shutterstock

【あわせて読みたい】

田中みな実が傲慢バッシング報道で「号泣釈明」 

怖過ぎる!矢口真理が直面した「拉致監禁未遂事件」 

関ジャニ∞の新番組にパクリ疑惑

ドラマ「浅見光彦シリーズ」の配役で視聴者大混乱

和田アキ子「小島瑠璃子から聞いていた」視聴者の反感