『元彼の遺言状』ありえない事件のオチに視聴者絶句「全然おもしろくない…」

綾瀬はるか 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

5月23日、俳優・綾瀬はるか主演の月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)の第7話が放送された。伏線回収をしそうで全くしない展開が、視聴者を驚かせている。

主人公の剣持麗子(綾瀬)は、クライアントの利益のためには手段を選ばない敏腕弁護士。ある日、元彼・森川栄治(生田斗真)の死亡がメールで知らされる。

メールの差出人は篠田敬太郎(大泉洋)という謎の人物だった。麗子は「しのだをたのんだ」と読むことができる栄治からの暗号遺書を読み、篠田をパートナーに弁護士業をすることになる…。