長嶋一茂「大御所への粗相を隠蔽」笑いながら告白

(C)まいじつ

野球評論家でタレントの長嶋一茂が、10月30日放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)に出演した。その番組の最中に、長嶋がある俳優に謝罪するというハプニングが起きた。

この日の放送は『ご近所トラブルをスカッと解決SP』と題して、視聴者の体験談をVTRで再現するという内容だった。ある家族が巻き込まれたトラブルの再現を見た長嶋は「お父さんは結構、冷静なんだよ。渦中のなかに入っていかないで、一歩引いたところにいないとトラブルを解決できないですよね」とコメント。MCの内村光良が「さすが、経験者!」と褒めると、長嶋は「経験者とは言ってねえよ」と笑いながら否定した。

長嶋は過去に、元タレントの江角マキコとトラブルになり、江角が元マネジャーの男性に指示して長嶋宅に落書きをさせたと週刊誌に報じられたことがある。そのことを連想されるのを嫌がったのだろう。

続けて内村が、「一茂さんは知人の家で失敗したことは?」と質問すると、長嶋は「家にお招きをいただいて、ワインを白いね、絨毯じゃなくてなんて言うの? 絨毯の上にもう一枚敷く、“絨毯 on 絨毯”の上にワインこぼしちゃったの。真っ白だったの、白い毛がわっと出てて、家主が見てないうちに裏返しちゃったの」と告白した。

お笑いタレントの陣内智則が「誰の家ですか? ちなみに」と尋ねると、長嶋は「タレントの家。俳優さん、俳優さん。まだ、でも謝っていないんだよ、おれ」と隠して帰ってきたことを明かした。

 

長嶋がワインをこぼした家の家主は…

陣内が「謝っておきましょう」と促すと、長嶋は「本当、申し訳ないです」、「中井貴一さん、申し訳ないです」と頭を下げて、謝罪した。

内村は爆笑しながら「中井さんは優しいから、大丈夫」とフォローし、「いいさ、大丈夫さ」と中井のモノマネをして笑いをとった。

「まさに親譲りの“破天荒”ぶりが魅力の一茂ですが、本人もあまり話題にしたくないという態度を取った江角マキコとのトラブルについては、いまだ謎が残されています。そもそもの江角とのトラブルの原因とされた“ママ友同士のいざこざ”の報道された部分が、一方的過ぎるとの意見が長いあいだくすぶり続けており、ついには江角の芸能界引退もあって闇に葬られてしまいました。一茂ははっきりとモノを言うので、予定調和の性格では務まらないコメンテーターとしての魅力はありますけどね」(芸能記者)

芸能界での評価も高い長嶋だが、迷惑を掛けて隠し通した人間という事実には、やはりいかがなものかと思わざるを得ない。

 

【あわせて読みたい】

武田鉄矢「セクハラは必要悪」発言で炎上 

田中みな実が傲慢バッシング報道で「号泣釈明」 

怖過ぎる!矢口真理が直面した「拉致監禁未遂事件」 

関ジャニ∞の新番組にパクリ疑惑

ドラマ「浅見光彦シリーズ」の配役で視聴者大混乱