ローラの一方的「契約解除宣言」に業界大パニック!

(C)まいじつ

モデルでタレントのローラの周辺が大混乱に陥っている。

ローラは今年6月ごろ、所属している芸能事務所のギャラの配分や契約更新の手続きが「奴隷的」だと主張。その件が表沙汰になってからも、事務所側と建設的な話し合いがなされた様子はなかった。そして、10月20日付で、CM契約をしているクライアントに直接「所属していた事務所とは契約を解除した」との文書を送り付けるという“荒業”を繰り出したのだ。

「ローラの親族や、ローラの雇った弁護士が動いているようですが、クライアントに直接『あちらの事務所はもう無関係なので、これからはこちらによろしく』というやり方は聞いたことがありません。これは相当な問題に発展するのではないでしょうか」(広告代理店関係者)

そんな渦中のローラだが、10月24日に更新したインスタグラムで保健所から猫を引き取ったことを報告し、ファンからその行動を称賛された。

ペットショップではなく、保健所から猫を引き取ったローラの行動に対して《すばらしい勇気ある行動》といったような投稿が多く寄せられた。

「このインスタを見た出版関係者が、早くもローラと猫を主体にした写真集の企画を立ち上げました。ローラはいま、ちょっと距離を置いた方がいいような環境ではありますが、トライする価値は大いにあると思います」(出版関係者)

所属していた芸能事務所と揉めてからというもの、テレビでの露出が極端に減っているローラだが、活躍を待ち望んでいるファンは多くいるようだ。

「一時期、ローラは事務所の社長から恫喝され、近しいスタッフも辞めてしまって、うつ病の一歩手前でしたが、いまは元気を取り戻して友人と映画を見たり、ファッションショーに出掛けたりしています。形はどうあれ、新たに出発することを宣言したローラに、猫が少しでも癒やしになればいいのですが」(芸能記者)

ローラの前途はまだまだ多難に違いない。

 

【あわせて読みたい】

武田鉄矢「セクハラは必要悪」発言で炎上 

田中みな実が傲慢バッシング報道で「号泣釈明」 

怖過ぎる!矢口真理が直面した「拉致監禁未遂事件」 

関ジャニ∞の新番組にパクリ疑惑

ドラマ「浅見光彦シリーズ」の配役で視聴者大混乱