V6・岡田准一と宮﨑あおいが来年夏結婚へ

画/彩賀ゆう

今年8月ごろ、『V6』の岡田准一が東京都世田谷区内に推定5億円ともいわれる豪邸を新築中であることが判明した。その影響で、業界関係者のあいだでは「いよいよ宮崎あおいと来年の夏にも結婚か」との声が日増しに大きくなっているという。

しかし、このふたりは2015年以来、いまだに“略奪不倫”のイメージが付きまとい続けている。宮﨑は前夫である高岡奏輔との結婚期間中に、岡田と不倫旅行へ行ったことを高岡に知られ、スマートフォンに保存していた写真とメールを証拠として突き付けられたというスキャンダルは芸能メディアを賑わせた。

「演技が評価されてもヒット作に恵まれていないとされていた岡田も、今年夏公開の『関ヶ原』の大ヒットと、石田三成を迫力ある演技でこなした実力が再評価されました。一方では宮﨑も“不倫ショック”を乗り越え、仕事もたくさん入るようになっています。そのため、ふたりとも結婚に前向きになってきたようです」(芸能関係者)

岡田は芸歴も長いだけあり、根回しがうまい。略奪不倫騒動を受けて、岡田は各所に謝りつつも、宮﨑を連れてジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長などにもしっかり挨拶し、いまでは宮﨑もメリー氏のお気に入りの女優になっている様子だ。

「岡田は演技のために格闘技をしていますが、当初、ジャニーズ事務所は反対していたのです。しかし、岡田はそれを押し切って、いまではかなりアクション演技の実力も付いてきています。岡田はこうと決めたらテコでも動かない性格なのです」(同・関係者)

 

低迷期の岡田を支え続けた宮﨑

現在では、ジャニーズ事務所のなかで岡田の“俳優”としての扱いは、木村拓哉を超えてナンバーワンとされている。

「岡田は『木更津キャッツアイ』、『SP』、『図書館戦争』、『永遠の0』など、多くのヒット映画に出演してきました。“勝てば官軍”と言われるこの業界なので、ジャニーズ事務所も岡田には『結婚はおまえのタイミングで決めていい』と許している可能性もあるでしょう」(同・関係者)

昨年末公開の映画『海賊と呼ばれた男』、大河ドラマ『軍師官兵衛』(NHK)などは、玄人好みで大衆受けしないということで、観客動員や視聴率には結び付かず、“不運な俳優”というレッテルを貼られた時期もあった。

「そうした低迷期を支えたのが宮﨑で、落ち込みがちな岡田を『才能はあるのだから』と激励し続けてきたとされています。岡田はそんな宮﨑を真剣に守りたいと考えて格闘技を始めたのではないかという報道もあるくらいです。来年早々にも5億円の自宅は完成するようですから、遅くとも夏までには結婚して、ふたりで仲よく暮らすことになるのでは」(同・関係者)

来年の夏にはめでたいニュースが届きそうだ。

 

【あわせて読みたい】

武田鉄矢「セクハラは必要悪」発言で炎上 

田中みな実が傲慢バッシング報道で「号泣釈明」 

怖過ぎる!矢口真理が直面した「拉致監禁未遂事件」 

関ジャニ∞の新番組にパクリ疑惑

ドラマ「浅見光彦シリーズ」の配役で視聴者大混乱