星野源&新垣結衣だけじゃない! アンチに目をつけられた芸能人夫婦たち

新垣結衣 (C)まいじつ 

歌手の星野源が、映画『ゴーストブック おばけずかん』の主題歌を担当。同映画には妻で俳優の新垣結衣が出演しており、大きな話題になっている。

同映画は人気児童書『おばけずかん』を実写映画化した作品。どんな願いもかなえてくれる一冊の本〝ゴーストブック〟を開いてしまったことで、おばけの世界に迷い込んだ子どもたちの冒険と成長を描くファンタジーだ。

星野は作品の世界観に合わせ、新曲『異世界混合大舞踏会(feat.おばけ)』を書き下ろした。

星野と新垣は昨年5月に結婚を発表したが、夫婦がタッグを組むのは結婚後初とあって、早くもファンの間では期待が高まっている。しかし一方、ネット上では必ずしも好意的に見ている人ばかりではないようで、《なんかこの夫婦の推しがそろそろウザい。話題性狙ってるのミエミエ》など、批判的な声も相次いでいる。

「結婚発表の時には日本中が驚きの声を上げましたが、その後2人が一時期〝別居婚〟していたことが発覚し、今ではファンもかなりトーンダウンしていますね。また、最近では、星野が過去にラジオ番組で、いただけない発言をしていたことが次々と発掘され、女性ファンがドン引きしています。今のところ夫婦共演が話題になっていますが、実際はそれほどの宣伝効果はないかもしれませんね。せめて二世でも誕生すれば、また世間の風向きも変わるのでしょうが…」(芸能ライター)