『東京03』ネタ番組でガチミス! アドリブでプロ対応「永久保存版にしたい」

角田晃広 

角田晃広 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

5月28日放送のバラエティー番組『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)に、お笑いトリオ『東京03』が出演。ガチでネタをミスる事故を起こしてしまった。

日本一豪華なネタ番組をコンセプトに、漫才、コント、ピン芸など、ジャンルの垣根を越えて誰もが「面白い」と認める芸人たちがネタを披露する『ENGEIグランドスラム』。『東京03』は、ツッコミの飯塚悟志が監督役、ボケの角田晃広、豊本明長が役者役となって現れるコントを披露した。

ネタの流れは、角田が専門用語が多い難しい長台詞を言った時、ちゃんと全部言えると達成感でつい喜んでしまう!というもの。飯塚が「余計な感情を出すな!」とツッコんでいく。

しかしこのコントの序盤、なんと角田はその長台詞を普通に噛んでミス。その後も噛んでしまったミスで自分自身が笑ってしまい、しばらく肝心の長台詞を言えなかった。しかしコントの台本上、言えなかった長台詞を言えるようになって喜んでしまう…という流れを成立させるために、一応はストーリーに乗ったかたちに。ハプニングがあったものの、最後までなんとかネタをやり遂げていた。

「どっからガチでどっから演技か分からん」

ネタ終了後に角田が舞台上で土下座し、ミスを謝ったがネット上では

《角ちゃんのはガチ間違いだったのか。だんだん後半あれもネタの流れの一部だったんじゃないかと思えてくる不思議。録画しておけば良かった。永久保存版にしたい》
《東京03上手すぎてどっからガチでどっから演技か分からん》
《東京03のガチミスからのリカバリーすごすぎてさすがプロだなぁって》
《ガチ噛みをも逆手に取ってネタにする東京03、恐るべし!》
《角ちゃんガチ失敗でも成り立つコントってすげえな(笑)》
《ガチミスだろうけど上手いことコントに混ぜてあるからどこまでがネタか分からん笑》

といった称賛の声があがっている。

ちなみに、ノーミスバージョンは『東京03』のYouTubeチャンネルにあがっている。気になる人はこちらもチェックしてみよう。

【あわせて読みたい】