『恋マジ』また古すぎる選曲…あふれ出る昭和感に「笑ってしまった」

松村北斗 広瀬アリス 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

5月30日、広瀬アリス主演のドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)第7話が放送された。相変わらず選曲が古臭いと話題になっている。

主人公の桜沢純(広瀬)は、食器ブランドの洋食器デザイナー。

展示会の仕事を任されるなど上司からの信頼も厚いが、アラサーでありながら恋愛経験ゼロだった。そんな彼女が、女性客をトリコにする長峰柊磨(松村北斗)に出会うストーリーだ。