石原さとみ『すき家』CMで好感度急落?“ワンオペ突然死”に批判殺到で…

石原さとみ (C)まいじつ 

従業員の長時間労働など、黒いウワサが絶えない『ゼンショーホールディングス』。2014年に牛丼チェーン『すき家』でワンオペ勤務が問題になり、第三者委員会が設置されたが、厳しい労働環境は依然として改善していないようだ。

6月1日、複数の週刊誌が、今年1月に「すき家」で女性従業員が死亡していたと報道。記事によると、亡くなったのは名古屋市郊外の店舗に勤務していた50代の女性従業員で、職場で倒れてから3時間も放置されていたという。

この日、女性従業員は22時から朝9時までのシフトだった。朝5時に同僚が退勤し、4時間ほどワンオペ状態に。同僚が帰った直後に女性は厨房で倒れ、その後出勤した従業員に発見されたという。

女性の死因は心筋梗塞。心筋梗塞は初期対応により、蘇生率が大きく左右されると言われている。つまりワンオペではなく同僚がいて、早い段階で発見されて処置を受けていれば、助かっていた可能性もあるだろう。ワンオペが生んだ悲劇に対してネット上には、