「72時間ホンネテレビ」に出られなかったタレント

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛の芸能界再デビューともいえる『72時間ホンネテレビ』(AmebaTV)が11月2日から5日まで放送された。

3人のファンからは「大成功」だったとされているが、芸能関係者のあいだでは「健闘した」という評価が得られた程度だったという。

「ジャニーズが一切協力しないのは分かっていましたが、吉本興業に関係するタレントはひとりも協力しなかったと伝えるメディアもあります。それを裏付けるかのように、明石家さんまはSMAPが存在していたころは多く共演していたのに、今回は全く関わりませんでした」(芸能プロダクション関係者)

さらに、こうした異端の企画には積極的に参加するビートたけしも出演しなかった。

「たけしにも当初は打診があり、出る気もあったのですが、たけし軍団のみんなが、たけしを諫めたらしいのです」(テレビ雑誌編集者)

そして、音楽界からの出演者はほとんどいなかった。

「矢沢永吉が出たのは驚きでした。ただし、ビデオメッセージでの出演のみで、生放送に登場はしませんでした。そして、当初はYOSHIKIも出演が噂されていたのですが、こちらも出演しませんでした。YOSHIKIは様子見しているのでしょう」(音楽ライター)

だが、この番組は延べ約7200万再生を記録し、AbemaTV史上最高の数字を樹立するという、大きな収穫があった。今後、ジャニーズ事務所が慌てふためく時代がくるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】

※ 稲垣吾郎「疑似結婚式」ヤラセに批判殺到

浜崎あゆみの「神対応」に巻き起こった批判 

香取慎吾との「関係修復」熱望する中居正広 

武田鉄矢「セクハラは必要悪」発言で炎上 

田中みな実が傲慢バッシング報道で「号泣釈明」