『ちむどんどん』より面白い? 26年前の朝ドラ『ひまわり』に注目の理由

松嶋菜々子 (C)まいじつ 

NHKの朝ドラ史上1番〝トンデモドラマ〟と言われている『ちむどんどん』。ヒロインの兄があまりにクズのため、大きな話題になっているが、その裏で注目を集めているドラマがあるようだ。

その作品とは、5月23日から再放送されている、俳優の松嶋菜々子が初主演を務めた1996年の朝ドラ『ひまわり』だ。

会社をリストラされたヒロイン・南田のぞみ(松嶋)が弟の窃盗事件をきっかけに法曹界を目指し、司法試験、司法修習生を経て、一人前の弁護士に成長していく物語。当時の世帯平均視聴率は25.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。