木下ほうか降板で大成功?『正直不動産』最終回に絶賛「いなくてよかった」

山下智久 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

6月7日、山下智久の主演ドラマ『正直不動産』(NHK)第10話・最終回が放送された。ネット上では無事完結した同作に対して、「木下ほうかがいなくてよかった」と評する声が上がっている。

『登坂不動産』の営業マン・永瀬財地(山下)は、〝嘘もいとわない〟セールストークで成績No.1を維持し続ける、やり手の営業マン。

しかしある日、アパートの建設予定地にあったほこらを壊したことから、祟りで嘘が吐けない体になってしまう。