「股間に手を…」マツコ・デラックスにセクハラ疑惑

(C)まいじつ

マツコ・デラックスと『ブルゾンちえみ with B』が11月6日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)にゲスト出演した。これを見た視聴者は、“with B”こと『ブリリアン』に対してマツコが取った態度が「セクハラでは」と指摘。ツイッターでは意見が分かれ、賛否両論が巻き起こった。

番組中盤に、マツコはブルゾンが人気になる前からブレイクを予感していたと告白。番組予告でブルゾンが「35億」と口にしたシーンだけを見て「この子は売れる。(見ただけで売れると思ったのは)宇多田ヒカル以来」だったと絶賛した。その話の流れでブルゾンがブリリアンを従えてスタジオに現れ、観覧客から大きな歓声を浴びた。

マツコはブリリアンのふたりに対して、「(恋愛対象として)けっこうイケる」、「かわいいな」と持ち上げた一方で、今後にブリリアンのふたりが売れるかどうかについては「分からない」と話に落ちを付け、周囲を笑わせた。

 

股間をわしづかみに

そして、ブリリアンがマツコにお願いする形で、マツコとのコラボレーションが実現。マツコはブルゾンの定番ネタである自己紹介シーンを演じた。そして、ブリリアンが決めポーズを取った瞬間、マツコはおもむろにふたりの股間に手を回した。

驚くブリリアンをよそに、マツコやレギュラー出演陣は「カメラマンの映し方が悪い」と文句を言うふりをしながら、カメラマンに自己紹介シーンを何度も撮り直させた。そのあいだもマツコはふたりの股間をわしづかみにし、股間をなでまわす仕草を取るなどやりたい放題だった。

このときツイッターでは、《マツコがwith Bの股間をなでてたのはずるい。私もコージのを触りたい》、《マツコの手の動きが面白い》といった投稿がある一方で、《セクハラのやりすぎでwith Bがかわいそう》、《これが女性なら逮捕されてるでしょ》などと、オネエキャラでやりたい放題のマツコを批判する書き込みもあった。

放送内ではレギュラー出演陣や観覧者も爆笑しており、セクハラだと指摘する声はなかった。

テレビの雰囲気と視聴者の認識に“ズレ”があることを認識させる出来事だったといえそうだ。

 

【あわせて読みたい】

72時間ホンネテレビで発覚したジャニーズの「圧力」  ほか

2019年大河ドラマ「サプライズ出演」期待されるあの女優 

浜崎あゆみの「神対応」に巻き起こった批判 

香取慎吾との「関係修復」熱望する中居正広 

武田鉄矢「セクハラは必要悪」発言で炎上