『未来への10カウント』謎過ぎる最終回に違和感「何かの力で捻じ込まれた?」

村上虹郎 山田杏奈 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

6月9日、木村拓哉の主演ドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)の第9話・最終回が放送された。役者の無駄遣い感が否めない展開に、ネット上では批判の声があがっている。

物語の主人公・桐沢祥吾(木村)は、高校時代にボクシングで4冠を達成するものの、その後は度重なる不運に見舞われ、現在は完全に生きる希望を失っていた。

「いつ死んでもいい」と口にする日々を送っていたある日、高校ボクシング部時代の監督・芦屋賢三(柄本明)から、ボクシング部のコーチになって欲しいと懇願される。桐沢はコーチとして再びボクシングと関わることで、徐々に熱を取り戻していくのだった。