NHKが必死の説得!安室奈美恵は紅白出場へ前向きか

(C)まいじつ

来年9月16日をもって引退する歌手の安室奈美恵の特集番組『安室奈美恵 告白』を、NHKが11月23日に放送する。

収録は40歳の誕生日だった9月20日の引退発表から約1カ月後の10月下旬に、東京都渋谷にある同局スタジオで行われた。安室は引退を含めて2時間にわたって語り尽くしたが、途中で感極まって涙を流す場面もあったという。

「安室奈美恵の人生を総力で特集しようという企画です。貴重なデビューコンサートや結婚式の場面、また、普段は人に見せないレッスン中の光景も公開する予定のようです」(芸能関係者)

15歳でのデビューして直後に抱いた不安、小室哲哉との出会い、スターダムに駆け上がったころの重圧から結婚、出産、そして休業を、当時の映像を見ながら振り返るという。さらにテレビの前で“母親としての自分”にも初めて言及する模様だ。

「NHKは長い時間をかけて密着取材しています。その先に見据えているのは、年末の『紅白歌合戦』への出場にほかなりません。これはもうNHKを挙げての安室紅白プロジェクトなのです。現在も安室とNHKは連絡を密にとっている状態で、年末に向け“サプライズ”を起こそうと必死のようです」(同・関係者)

 

出場の可能性は50%か

大みそかの紅白歌合戦が近づくなかで特別番組に出演するため、関係者によると、収録には紅白歌合戦担当セクションの複数の幹部クラスが立ち会ったという。2003年を最後に紅白歌合戦から遠ざかっている安室に関して、NHKは上田良一会長が10月の定例会見で「年の瀬のイベント。大いに喜んでいただけるような展開になればうれしい」とコメントしていた。

「もし安室が紅白に出場するとなれば、引退直前の貴重な映像が残せるし、伝説の場面にもなるでしょう。昨年は『SMAP』の出場の可否で散々世間を賑わせたNHKですが、説得の進捗からいくと出場の可能性は50%くらいでしょうか」(同・関係者)

安室の歌は、世代を超えて愛されている。

「安室のチケットはファンクラブでも取るのが難しい状況です。だったらせめて、紅白で歌う姿をファンのために見せるという選択肢があってもいいだろう、というのがいまの世間の風潮です。世論を読むのがうまい安室のことですから、出場には前向きになっているという情報もあります」(同・関係者)

安室はすでに国民的歌手に登り詰めている。引退まで1年を切っているが、その動向は最後まで見逃せない。

 

【あわせて読みたい】

「股間に手を…」マツコ・デラックスにセクハラ疑惑 

72時間ホンネテレビで発覚したジャニーズの「圧力」  ほか

2019年大河ドラマ「サプライズ出演」期待されるあの女優 

浜崎あゆみの「神対応」に巻き起こった批判 

武田鉄矢「セクハラは必要悪」発言で炎上