『破産者マップ』復活で批判殺到! 官報がネット時代に追いついてない?

(C)Yuri Shevtsov / Shutterstock 

自己破産した人の氏名や住所をマップ上に示した『破産者マップ』が、6月20日までに復活していたことが分かり、ネット上で物議を醸している。

同マップは2019年に公開されたが、ネット上で猛批判を浴びて閉鎖。その後、22年にも破産者情報を掲載したサイトが出現したが、個人情報保護委員会が個人データの第三者への提供を停止等するよう命令を出していた。

しかし、また新たな破産者マップが登場。今回登場したマップは、2009年から2018年までの破産者の氏名と住所を掲載。マップ上に載ったピンをクリックすると表示される、破産者の住所と氏名を非表示にしたいなら6万円分、ピン自体を削除するには12万円分のビットコインの支払いを要求している。