女性版『IPPONグランプリ』にフェミニスト発狂「本当に最悪です」

松本人志 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

6月25日に放送された『ダウンタウン』松本人志による試験的お笑い特番『まっちゃんねる』(フジテレビ系)。今回は大喜利番組『IPPONグランプリ』(同系)の〝女性版〟企画が行われたのだが、性別によって〝分ける〟ことに一部の視聴者が激怒しているようだ。

同日の番組では『IPPON女子グランプリ』と題し、女性だけで行う大喜利大会を実施。女性芸人編と女性タレント編に分かれ、珠玉の大喜利バトルが幕を開ける。芸人枠のメンバーとして、『蛙亭』イワクラ、『Aマッソ』加納、『3時のヒロイン』福田麻貴、『ハリセンボン』箕輪はるかが登場。そして女性タレント側は、『NMB48』渋谷凪咲、タレントの王林、神田愛花、滝沢カレンといったバラエティー界で圧倒的な存在感を持つ4人が参戦した。