セカオワ・Saoriの政治的発言に賛否「勇気が出た」「35歳にもなって…」

Saori (C)Maj.l / Shutterstock

男女4人組バンド『SEKAI NO OWARI』のメンバーSaoriが6月26日、自身のツイッターを更新。選挙システムに対して持論を述べ、ネット上で賛否を呼んでいる。

Saoriは《何で女性の大変さを分かってくれないの?と泣きたくなることが起きる。でも、私だって障害者の方の大変さを知らなかった。私たちは皆、知らず知らずのうちに、誰かを傷つけてしまっている。靴の下で蟻が死んでも気付かれない。声を上げないと何も変わらない。私は選挙に行く》と綴り、投票への決意を新たにした。

さらにフォロワーから多数のコメントが寄せられるとSaoriは《うん、最初は投票システムは難しく感じるけど、「あ、これは嫌だな」とか、「こうして欲しいな」と思う気持ちを導いてくれそうな政党を見つけてみてね。一緒に選挙にいこっ!》《こちらこそです。今回もまた、「うーん、誰に任せたらいいんや!?」と悩みながら、お互い一票投じましょう!》と連投。「いいね」が2万4000件を超える反響を呼んでいる。