『24時間テレビ』は時代錯誤? チャリティーランナーが地球を救う可能性は…

兼近大樹 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

8月27日から28日にかけて放送される、毎年恒例のチャリティー番組『24時間テレビ45 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の制作発表会見が6月27日に開催。しかし、世間のニーズとズレた〝安全対策〟に、視聴者が呆れている。

今年は2019年以来3年ぶりに、有観客で実施。宮崎慶洋プロデューサーは「東京都の感染拡大防止ガイドラインにのっとり、安全対策を徹底して進めたい」とコメント。対面での募金は実施せず、スマホやパソコンでのキャッシュレス募金を活用するという。