ドクターX「内田有紀もっと出せ!」医療関係者が熱望する理由

(C)まいじつ

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の内容に医療関係者のあいだから不満が出ている。城之内博美役の内田有紀の露出がいまひとつ少ないためだという。

「城之内は麻酔科医です。麻酔科医はれっきとした主役の仕事で、手術における助手でもなければサポート役でもありません。しかし、ドラマでは全然、城之内の仕事にスポットが当たらない。これはちょっとおかしいですね」(外科医)

大手術になればなるほど、麻酔科医の存在は重要になってくる。例えば、高齢な患者の場合、麻酔のかけかた次第で目が覚めずに死に至る場合もある。2014年には東京女子医大病院(東京都新宿区)で、当時2歳の男児が手術後に麻酔系鎮静剤の過剰投与で死亡した事件も起きている。

「麻酔科医は専門性が高く、基本的には開業できません。重症者には麻酔だけでなく、鎮痛剤の処方も麻酔科医が担当します。勤務医がほとんどですが、手術にはなくてはならない存在です」(同・医師)

 

内田の活躍を期待する声

内田は主役の米倉涼子と同じ1975年生まれで、11月16日の誕生日で42歳になる。

「昔と変わらずにいまでもかわいい内田を、役柄の麻酔科医の立場としても、もっと前面で使うべきでしょう。台詞はいつも手術中に血圧と心拍数を言うばかりなので、内田の起用法がもったいないです」(テレビ雑誌編集者)

第5話終了時点での全話通じての平均視聴率は19.9%。相変わらず高い数字を残している。

「特に医療関係者からは、内田をもっと前面に出せば、さらにドラマが面白くなるという意見は多いようです。米倉は格好いいですがギスギスしているので、柔らかい雰囲気の内田の出番を増やせば、ちょうどいい塩梅になりそうです」(ドラマライター)

今後は内田の活躍が増える展開に期待したい。

 

【あわせて読みたい】

 深田恭子35歳「悩殺インスタ投稿」が大反響

※ 工藤静香インスタで「イラッと来る」また大炎上

※ 中居正広が香取慎吾に「おれも入れて」と懇願

ボクシング井岡一翔「プライベート優先」王座返上の背景 

「にゃんこスター人気」に疑問の声集中